遠距離恋愛3回経験して結婚した夫に聞いてみた男性の気持ち

遠距離恋愛男性の気持ち


こんにちは。

3年半の遠距離恋愛(直線距離350キロ)から結婚した管理人のミノリです。

管理人・ミノリ
ありがたいことに、当ブログではこれまで遠距離恋愛に関する記事をたくさんの方に読んでいただいています!

わたしも経験があるのですが、遠距離恋愛について何か不安になってググると、たいてい出てくるのは、女性が書いている記事ですよね(わたしのブログもそうなんですが)。

でも、いちばん知りたいのは、遠距離恋愛をしている相手である男性の気持ち!!

わたしの不安な気持ち、ちゃんと分かってくれているのかな? 二人で続けて行こうっていう気持ちがあるの? って考えてしまいますよね。

 

なので今回は!!

実は3回も遠距離恋愛の経験があった、わたしの夫にインタビューを敢行しました!

うまくいかなかった遠距離恋愛と、結婚するに至った遠距離恋愛の違いは? 長く続けていくためのコツは? などについて聞いてみました!

遠距離恋愛に悩む女性の参考になったらうれしいです。

 

夫の遠距離恋愛歴についてざっくり聞いてみた

 

夫、30歳。地方出身。地元からは飛行機じゃないと東京まで行けない。

大学進学時に東京へ。そのまま東京で就職。全国転勤のある営業職。

オット
ミノリの夫です。よろしくお願いします!

 

1回目の遠距離恋愛

18歳浪人生のとき、先に大学に合格して上京した高校の同級生A美と。

遠距離になるまでの交際期間は約1年半。遠距離になって約10日で破局。

彼女が大学の新入生歓迎コンパに行ったのがきっかけ。夫が行かないでほしいと言ったのだとか……

オット
あの頃は若かった……

 

2回目の遠距離恋愛

19~20歳のとき。今度は自分が東京の大学に1浪の末合格。彼女のB子は地元に残る。

11月に破局するまで、長期休暇などで3回は地元に帰って会った。

B子がいつも電話で「寂しい」と言うのに疲れてきてしまった

B子が地元にいる元カレのほうに気持ちが移っていったこともあり、破局。

オット

あの頃はB子と電話するためだけに、ウィルコム契約して持ってたよ。

時代を感じるなあ、懐かしい……

 

3回目の遠距離恋愛(管理人ミノリと)

26~29歳のとき。知人の紹介で知り合う。

交際約1年でミノリが就職、関西に引っ越すのをきっかけに遠距離恋愛スタート。

その1年後、夫自身も転勤で引っ越し。新幹線で会えた距離が、飛行機の距離に。

1~2か月に1度会う生活を2年半続けて結婚。結婚後も約1年は仕事の都合で別居生活。

 

オット
 ミノリに逆プロポーズされて結婚したよ!

僕は、まだ先でいいと思ってたんだけどね。

くわしくはミノリの別の記事も読んでみてね!

アラサー女子の遠距離恋愛と結婚。関連記事まとめました

2018.06.27

遠距離恋愛から逆プロポーズに成功したアラサー女子の話

2018.06.11

 

男性視点から考える、2回の遠距離恋愛がうまくいかなかった理由

 

遠距離恋愛で寂しいと泣かれて困った

 

オット
 僕としては、遠距離恋愛をしよう、と決めた時点で、「さみしい」という気持ちになるのは分かり切っていることだと思うんだよね。

寂しくなるのは当たり前で、それがわかっても続けようと決めたわけだから、毎回電話するたびに「さみしい」って言われても困っちゃうよね。すぐに会いに行けるわけないんだから。

 

管理人・ミノリ
でも、女の子は、さみしい気持ちを分かってほしいだけの子もいるよ。

さみしい気持ちをいっしょに共有したいんじゃないかな。

 

オット
 そういうんなら、僕のほうの、困った気持ちになるっていうのも、分かってほしい

せっかく電話してるんだから、嫌な気持ちになりたくないと思うよ。

 

女性は、さみしい気持ちを共有することで、親密さが増すように思うことが多いのではないでしょうか。

それに対して、男性は、解決できない問題について話し合うのは不毛、という価値観があるように思います。お互いの考え方を知って、思いやることが大切なのかもしれませんね。

 

 無理が重なって遠距離恋愛に疲れてしまった

オット
 連絡をしないと、会いに行かないと、というプレッシャーに疲れてしまったんだと思う。

毎日電話していたわけじゃないけど、だんだん「電話して声を聞きたい」という気持ちより、「離れているから電話しなくちゃ」という気持ちのほうが大きくなってしまった。

 

それから、飛行機に乗らないと会えない距離に住んでいたから、「B子に会うためにがんばってアルバイトするぞ!」という気持ちに最初はなっていたけど、だんだんそれも負担になっていってしまったね。

 

お互いが学生のときは、時間はものすごくあるけど、お金がない。

恋愛のことばかり考えて不安になる時間はあるけど、会いに行くお金はない。

そういう意味では、日ごろはお互いに仕事に集中して、会えるときにはお金のことを気にしすぎなくて済む、社会人のほうが遠距離恋愛には向いている気もするね。

 

結婚につながった遠距離恋愛について、男性側の意見を聞いてみた

 

遠距離恋愛することになったときどう思った?

オット
 あんまり何も考えていなかったかな。

 

管理人・ミノリ
ひどい!!

一瞬ひどい!! と思いましたが、よく考えたらわたしもそうでした。

就職活動をするタイミングではまだ付き合って半年で、20代半ばだったので、「仕事して一人前になるぞー!」という気持ちのほうが強くて、まあなるようになるでしょ、と思っていました。

それくらい気持ちに余裕があるほうがいいのかもしれませんね。

 

遠距離恋愛がうまくいった理由はどんなことだと思う?

遠距離恋愛だからとムリしない

オット
 さっきも言ったけど、社会人になってお金に余裕ができたのは大きいかもしれないね。

あとは、ミノリもたまに「会いたいよー!」とか言ってくることがあったけど、「言いたいだけ~」と明るい言い方だったし、僕も普通に「仕事があるから無理やね」とか答えてた。

遠距離だからがんばろう! みたいな変な力みがなくて無理せず続けられたのはよかったのかもしれないね。

 

遠距離恋愛でも定期的に会えた

オット
 1~2か月に1回はどちらかの家に行って会う、というペースがふたりのあいだに定着していたのがよかったと思う。

それ以上間が空くと、気持ちが離れていったかもしれない。これは結果論だけど。

 

遠距離恋愛だからこそちょうどいい連絡ペース

オット
 連絡の頻度も僕にとってはちょうどよかったな。

「連絡しなきゃ」みたいなプレッシャーがなくて、「どうしてるかな~」と思った頃に、ミノリから電話がかかってきてたからね。

 

遠距離恋愛しているカップルにアドバイスするとしたら?

オット
 別にアドバイスってこともないけどな~。

遠距離してるからすごいとかでもないと思うし。近くにいないとダメなタイプも確かにいるよね。

僕は自分のプライベートな時間も必要なタイプだから、遠距離が向いてたのかもしれない。

どんな関係でも、どちらかが無理していると、疲れてきてしまうと思うから、お互いが無理せずに続けられるポイントが見つかるといいんじゃないかな~。

 

まとめ

男性視点からみる遠距離恋愛

  • 遠距離恋愛がうまくいかなくなるのは、「会えなくて寂しい」という気持ちに対する男女の考え方の違いが大きい
  • 女性は「寂しい気持ちをふたりで共有したい」と考える
  • 男性は「遠距離恋愛は寂しくて当たり前だし、すぐには解決できないから話し合っても意味がない」と考えてストレスがたまる
  • 遠距離恋愛がうまくいかなくなるのは、無理が重なって疲れてしまうから(こまめに連絡をとるプレッシャー、交通費などの金銭的負担など)
  • 遠距離恋愛には、学生よりも社会人のほうが向いている
  • 遠距離恋愛を続けるためのポイントは、無理をしないこと、定期的に会うこと、二人にとって「ちょうどいい」連絡ペースができること、お互いの自由を尊重できること

 

夫にあらためてインタビューしてみると、わたしのほうにも発見がいろいろありました。

わたしとしては、「無理してでも会いたい!」と思ってくれるほうが、強く愛されて大事にされてるって実感できてうらやましい!! と思っていたんですけどね。

でも、夫のいう通り、無理が続くような関係は、関係そのものが長くは続かないのかもしれませんね。

 

もちろん、遠距離恋愛をしているすべての男性がこう考えている! と言うつもりはまったくありません。

あくまでも、うちの夫の意見であり、1つのサンプルとして受け取っていただけるとうれしいです

(しかも、妻に聞かれているわけですから、ホンネでは言えないアレコレもあると想像します笑)

 

これから遠距離恋愛を始める方、遠距離恋愛に悩む女性の役に立てたらうれしいです!

こちらの記事もに人気です! ぜひ合わせて読んでください。

アラサー女子の遠距離恋愛と結婚。関連記事まとめました

2018.06.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です